字句構造(Lexical Structure)
最終更新日: 2022/6/25
Swift の_字句構造_は、言語として有効なトークンを形成する文字のシーケンスを説明しています。これらの有効なトークンは、言語の最小レベルの構成要素を形成し、後の章で言語の残りの部分を説明することに使用されます。トークンは、識別子、キーワード、句読点、リテラル、または演算子で構成されます。
ほとんどの場合、トークンは入力テキストから可能な限り下記に指定されている文法の制約内で最長の部分文字列を検討し、Swift ソースファイルの文字から形成されます。この動作は 最長一致_または_最大ムンク と呼ばれます。

空白とコメント(Whitespace and Comments)

空白には 2 つの用途があります: 1 つは、ソースファイル内でトークンを分離するため。もう 1 つは、前置後置、および二項演算子を区別するため(Operators(演算子)を参照)。それ以外の場合は無視されます。次の文字は空白と見なされます: スペース(U+0020)、ラインフィード(U+000A)、キャリッジリターン (U+000D)、水平タブ(U+0009)、垂直タブ(U+000B)、フォームフィード(U +000C) および null(U+0000)。
コメントはコンパイラにより空白として扱われます。単一行のコメントは // で始まり、ラインフィード(U+000A) またはキャリッジリターン(U+000D) まで続きます。複数行のコメントは /* で始まり、*/ で終わります。複数行のコメントをネストすることはできますが、コメントマーカーで始まりと終わりを囲む必要があります。
Markup Formatting Referenceで説明されているとおり、コメントには追加のフォーマットとマークアップを含めることができます。
GRAMMAR OF WHITESPACE whitespace → whitespace-item whitespaceopt whitespace-item → line-break whitespace-item → inline-space whitespace-item → comment whitespace-item → multiline-comment whitespace-item → U+0000, U+000B, または U+000C line-break → U+000A line-break → U+000D line-break → U+000D に続く U+000A inline-spaces → inline-space inline-spacesopt inline-space → U+0009 または U+0020 comment → // comment-text line-break multiline-comment → /* multiline-comment-text */ comment-text → comment-text-item comment-textopt comment-text-item → U+000A または U+000D を除く任意の Unicode スカラ値 multiline-comment-text → multiline-comment-text-item multiline-comment-textopt multiline-comment-text-item → multiline-comment multiline-comment-text-item → comment-text-item multiline-comment-text-item → /* または */ を除く任意の Unicode スカラ値

識別子(Identifiers)

_識別子_は、大文字または小文字の A から Z、アンダースコア(_)、基本多言語平面内の非結合英数 Unicode 文字、または私用面にない基本多言語平面外の文字で始まります。最初の文字の後ろに数字と Unicode 文字を組み合わせることもできます。
宣言に public アクセスレベル修飾子がある場合でも、アンダースコアで始まる識別子を internal として扱います。この規則により、宣言を public にしなければならない制限がある場合でも、フレームワークの作成者はクライアントが対話したり依存したりしてはならない API の一部をマークできます。さらに、2 つのアンダースコアで始まる識別子は Swift コンパイラと標準ライブラリ用に予約されています。
予約語を識別子として使用するには、その前後にバッククォート(`)を置きます。例えば、class は有効な識別子ではありませんが、`class` は有効です。バッククォートは識別子の一部とは見なされません。`x`と x は同じ意味です。
明示的な引数名のないクロージャ内では、引数には暗黙的に $0$1$2 などの名前が付けられます。これらの名前は、クロージャのスコープ内で有効な識別子です。
コンパイラは、プロパティラッパのプロジェクション値を持つプロパティにドル記号($)で始まる識別子を合成します。コード上でこれらの識別子とやり取りできますが、ドル記号($)から始まる識別子を宣言することはできません。詳細については、Attributes(属性)の章のpropertyWrapperセクションを参照ください。
GRAMMAR OF AN IDENTIFIER identifier → identifier-head identifier-charactersopt identifier → ` identifier-head identifier-charactersopt ` identifier → implicit-parameter-name identifier → property-wrapper-projection identifier-list → identifier | identifier , identifier-list identifier-head → 大文字または小文字の A ~ Z identifier-head → _ identifier-head → U+00A8, U+00AA, U+00AD, U+00AF, U+00B2–U+00B5, または U+00B7–U+00BA identifier-head → U+00BC–U+00BE, U+00C0–U+00D6, U+00D8–U+00F6, または U+00F8–U+00FF identifier-head → U+0100–U+02FF, U+0370–U+167F, U+1681–U+180D, または U+180F–U+1DBF identifier-head → U+1E00–U+1FFF identifier-head → U+200B–U+200D, U+202A–U+202E, U+203F–U+2040, U+2054, または U+2060–U+206F identifier-head → U+2070–U+20CF, U+2100–U+218F, U+2460–U+24FF, または U+2776–U+2793 identifier-head → U+2C00–U+2DFF または U+2E80–U+2FFF identifier-head → U+3004–U+3007, U+3021–U+302F, U+3031–U+303F, または U+3040–U+D7FF identifier-head → U+F900–U+FD3D, U+FD40–U+FDCF, U+FDF0–U+FE1F, または U+FE30–U+FE44 identifier-head → U+FE47–U+FFFD identifier-head → U+10000–U+1FFFD, U+20000–U+2FFFD, U+30000–U+3FFFD, または U+40000–U+4FFFD identifier-head → U+50000–U+5FFFD, U+60000–U+6FFFD, U+70000–U+7FFFD, または U+80000–U+8FFFD identifier-head → U+90000–U+9FFFD, U+A0000–U+AFFFD, U+B0000–U+BFFFD, または U+C0000–U+CFFFD identifier-head → U+D0000–U+DFFFD または U+E0000–U+EFFFD identifier-character → 数値 0 ~ 9 identifier-character → U+0300–U+036F, U+1DC0–U+1DFF, U+20D0–U+20FF, または U+FE20–U+FE2F identifier-character → identifier-head identifier-characters → identifier-character identifier-charactersopt implicit-parameter-name → $ decimal-digits property-wrapper-projection → $ identifier-characters

単語と句読点(Keywords and Punctuation)

次のキーワードは予約されており、前述のようにバッククォート(`)でエスケープしない限り識別子としては使用できません。inoutvarlet 以外のキーワードは、バッククォートでエスケープすることなく関数宣言、または関数の引数名として使用できます。メンバの名前がキーワードと同じ場合、およびメンバの参照とキーワードの使用の間に曖昧さがある場合を除いて、そのメンバへの参照をバッククォートでエスケープする必要はありません。しかし、例えば selfType、および Protocol には明示的メンバ式の中で特別な意味があるため、そのコンテキストではバッククォートによるエスケープが必要です。
  • 宣言で使用されるキーワード: associatedtypeclassdeinitenumextensionfileprivatefuncimportinitinoutinternalletopenoperatorprivateprotocolpublicrethrowsstaticstructsubscripttypealias、および var
  • ステートメントで使用されるキーワード: breakcasecontinuedefaultdeferdoelsefallthroughforguardifinrepeatreturnswitchwherewhile
  • 式と型で使用されるキーワード: asAnycatchfalseisnilsuperselfSelfthrowthrowstrue、および try
  • パターンで使用されるキーワード: _
  • シャープ記号(#)で始まるキーワード: #available#colorLiteral#column#else#elseif#endif#error#file#fileID#fileLiteral#filePath#function#if#imageLiteral#line#selector#sourceLocation、および #warning
  • 特定のコンテキストで予約されているキーワード: associativityconvenientdynamicdidSetfinalgetinfixindirectlazyleftmutatingnonenonmutatingoptionaloverridepostfixprecedenceprefix、プロトコル、ProtocolrequiredrightsetTypeunownedweak、 および willSet。該当するコンテキスト外では、識別子として使用することができます
次のトークンは句読点として予約されており、カスタム演算子としては使用できません: (){}[].,:;=@#&(前置演算子として)、->、`、?、および !(後置演算子として)

リテラル(Literals)

_リテラル_は、数値や文字列といった型の値をソースコード上で表現するものです。
下記はリテラルの例です。
1
42 // 整数リテラル
2
3.14159 // 浮動小数点リテラル
3
"Hello, world!" // 文字列リテラル
4
true // ブールリテラル
Copied!
リテラルそれ自体に型はありません。代わりに、リテラルは無限の精度を持つものとして解析され、Swift の型推論はリテラルの型を推論しようとします。例えば、宣言 let x: Int8 = 42 では、Swift は明示的な型注釈(: Int8)を使用して整数リテラル 42 の型が Int8 だと推論します。適切な型情報が利用できない場合、Swift はリテラルの型が Swift 標準ライブラリで定義されているデフォルトのリテラル型の 1 つだと推論します。デフォルトの型は、整数リテラルの場合は Int、浮動小数点リテラルの場合は Double、文字列リテラルの場合は String、ブールリテラルの場合は Bool です。例えば、let str = "Hello, world" という宣言では、文字列リテラル "Hello, world" のデフォルトの推論型は String です。
リテラル値の型注釈を明記する場合、注釈の型がそのリテラル値からインスタンス化できる型でなければなりません。つまり、注釈の型が次の Swift 標準ライブラリのプロトコルのいずれかに準拠している必要があります: 整数リテラルは ExpressibleByIntegerLiteral、浮動小数点リテラルは ExpressibleByFloatLiteral、文字列リテラルは ExpressibleByStringLiteral、ブールリテラルは ExpressibleByBooleanLiteral、単一の Unicode スカラのみを含む文字列リテラルは ExpressibleByUnicodeScalarLiteral、および単一の拡張書記素クラスタのみを含む文字列リテラルは ExpressibleByExtendedGraphemeClusterLiteral。例えば、Int8ExpressibleByIntegerLiteral プロトコルに準拠しているため、宣言 let x: Int8 = 42 の整数リテラル 42 の型注釈で使用できます。
GRAMMAR OF A LITERAL literal → numeric-literal | string-literal | boolean-literal | nil-literal numeric-literal → -opt integer-literal | -opt floating-point-literal boolean-literal → true | false nil-literal → nil

整数リテラル(Integer Literals)

_整数リテラル_は不特定の精度の整数値を表します。デフォルトの整数リテラルは 10 進数で表され、前置を使用して他の基数を表現することもできます。2 進数リテラルは 0b で始まり、8 進数リテラルは 0o で始まり、16 進数リテラルは 0x で始まります。
10 進数リテラルには 09 の数字が含まれます。2 進数リテラルには 01 が含まれ、8 進数リテラルには 07 が含まれ、16 進数リテラルには 09 および大文字または小文字の AF が含まれます。
負の整数リテラルは、-42 のように、整数リテラルの前にマイナス記号(-)を付けることで表現されます。
数字の間には読みやすさのためにアンダースコア(_)を使用できますが、それ自体は無視されるのでリテラルの値には影響しません。整数リテラルの先頭はゼロ(0)で始めることができますが、同様に無視されるのでリテラルの基数または値には影響しません。
特に指定がない限り、整数リテラルのデフォルトの推論型は Swift 標準ライブラリの Int 型です。Swift 標準ライブラリは、Integers(整数)で説明されているように、様々なサイズの符号付き整数および符号なし整数の型も定義します。
GRAMMAR OF AN INTEGER LITERAL integer-literal → binary-literal integer-literal → octal-literal integer-literal → decimal-literal integer-literal → hexadecimal-literal binary-literal → 0b binary-digit binary-literal-charactersopt binary-digit → 数値 0 または 1 binary-literal-character → binary-digit | _ binary-literal-characters → binary-literal-character binary-literal-charactersopt octal-literal → 0o octal-digit octal-literal-charactersopt octal-digit → 数値 0 ~ 7 octal-literal-character → octal-digit | _ octal-literal-characters → octal-literal-character octal-literal-charactersopt decimal-literal → decimal-digit decimal-literal-charactersopt decimal-digit → 数値 0 ~ 9 decimal-digits → decimal-digit decimal-digitsopt decimal-literal-character → decimal-digit | _ decimal-literal-characters → decimal-literal-character decimal-literal-charactersopt hexadecimal-literal → 0x hexadecimal-digit hexadecimal-literal-charactersopt hexadecimal-digit → 数値 0 ~ 9、 a ~ f、または A ~ F hexadecimal-literal-character → hexadecimal-digit | _ hexadecimal-literal-characters → hexadecimal-literal-character hexadecimal-literal-charactersopt

浮動小数点リテラル(Floating-Point Literals)

_浮動小数点リテラル_は不特定の精度の浮動小数点値を表します。
デフォルトの浮動小数点リテラルは 10 進数(前置なし)で表されますが、16 進数(0x 前置付き)で表すこともできます。
10 進数の浮動小数点リテラルは、10 進数の数字のシーケンスとそれに続く 10 進数の小数、10 進数の指数、またはその両方で構成されます。小数部は小数点(.)とそれに続く一連の 10 進数で構成されます。指数は大文字または小文字の前置の e とその後に続く 10 進数の数字のシーケンスで構成され、e の前の値に 10 の累乗が掛けられます。例えば 1.25e2 は 1.25 x
10210^2
を表し、125.0 と評価されます。同様に、1.25e-2 は 1.25 x
10210^{-2}
を表し、0.0125 と評価されます。
16 進数の浮動小数点リテラルは、前置 0x、オプションの 16 進数の小数、16 進数の指数で構成されます。16 進数は小数点とそれに続く 16 進数の数字で構成されます。指数は大文字または小文字の前置の p とその後に続く 10 進数の数字のシーケンスで構成されます。これは p の前の値に乗算される 2 のべき乗を示します。例えば 0xFp2 は 15 x
222^2
を表し、60 と評価されます。同様に 0xFp-2 は 15 x
222^{-2}
を表し、3.75 と評価されます。
負の浮動小数点リテラルは、-42.5 のようにリテラルの前にマイナス記号(-)を付けることで表現されます。
数字の間には読みやすさのためにアンダースコア(_)を使用できますが、無視されるため、リテラルの値には影響しません。浮動小数点リテラルの先行はゼロ(0)で始めることができますが、同様に無視されるのでリテラルの基数または値には影響しません。
特に指定されていない限り、浮動小数点リテラルのデフォルトの推論型は 64 ビット浮動小数点数を表す Swift の標準ライブラリ Double 型です。Swift 標準ライブラリでは 32 ビットの浮動小数点数を表す Float 型も定義されています。
GRAMMAR OF A FLOATING-POINT LITERAL floating-point-literal → decimal-literal decimal-fractionopt decimal-exponentopt floating-point-literal → hexadecimal-literal hexadecimal-fractionopt hexadecimal-exponent decimal-fraction → . decimal-literal decimal-exponent → floating-point-e signopt decimal-literal hexadecimal-fraction → . hexadecimal-digit hexadecimal-literal-charactersopt hexadecimal-exponent → floating-point-p signopt decimal-literal floating-point-e → e | E floating-point-p → p | P sign → + | -

文字列リテラル(String Literals)

_文字列リテラル_は、引用符で囲まれた一連の文字です。単一行の文字列リテラルは二重引用符で囲まれ、次の形式になります:
単一行の文字列リテラル
文字列リテラルには、エスケープされていない二重引用符(")、エスケープされていないバックスラッシュ (\)、キャリッジリターン、またはラインフィードを含めることはできません。
複数行の文字列リテラルは 3 つの二重引用符で囲まれ、次の形式になります。
複数行の文字列リテラル
単一行の文字列リテラルとは異なり、複数行の文字列リテラルには、エスケープされていない二重引用符 (")、キャリッジリターン、およびラインフィードを含めることができます。3 つのエスケープされていない二重引用符を隣り合わせに含めることはできません。
複数行の文字列リテラルを開始する """ の後の改行は文字列の一部ではありません。リテラルを終了する """ の前の改行も文字列の一部ではありません。改行で開始または終了する複数行の文字列リテラルを作成するには、最初または最後の行として空白行を挿入します。
複数行の文字列リテラルはスペースとタブの任意の組み合わせを使用してインデントできます。このインデントは文字列に含まれていません。リテラルを終了する """ がインデントを決定します。リテラル内のすべての非空白行は、終わりの """ の前に表示されるものと同じインデントで開始する必要があります。タブとスペース間の変換はありません。インデントの後に追加のスペースとタブを含めることができます。これらのスペースとタブは文字列に表示されます。
複数行の文字列リテラルにおける改行は、改行文字を使用するように正規化されます。ソースファイルにキャリッジリターンとラインフィードが混在している場合でも、文字列内のすべての改行は同じになります。
複数行の文字列リテラルでは、行末にバックスラッシュ(\)を記述すると文字列からその改行が省略されます。バックスラッシュと改行の間の空白もすべて省略されます。この構文を使用すると、結果の文字列の値を変更せずにソースコードで複数行の文字列リテラルをハードラップ(文字数を指定して自動改行)することができます。
次のエスケープシーケンスを使用して、単一行形式と複数行形式の両方の文字列リテラルに特殊文字を含めることができます:
  • ヌル文字(\0)
  • バックスラッシュ(\)
  • 水平タブ()
  • 改行()
  • キャリッジリターン()
  • 二重引用符(\")
  • 単一引用符(\')
  • Unicode スカラー(\u{n})、n は 1 ~ 8 桁の 16 進数
式の値を文字列リテラルに挿入するには、式をバックスラッシュ(\)の後に括弧で囲みます。補間された式には文字列リテラルを含めることができますが、エスケープされていないバックスラッシュ、キャリッジリターン、またはラインフィードを含めることはできません。
例えば、次の文字列リテラルはすべて同じ値です:
1
"1 2 3"
2
"1 2 \("3")"
3
"1 2 \(3)"
4
"1 2 \(1 + 2)"
5
let x = 3; "1 2 \(x)"
Copied!
拡張区切り文字で区切られた文字列は、引用符で囲まれた一連の文字と 1 つ以上の文字列の両側に同じ数のシャープ記号(#) のセットです。拡張区切り文字で区切られた文字列には次の形式があります:
拡張区切り文字で区切られた文字列
拡張区切り文字で区切られた文字列内の特殊文字は通常の文字として表示されます。拡張区切り文字を使用して、通常は文字列補間の生成、エスケープシーケンスの開始、文字列の終了などの特殊な効果を持つ文字を使って通常の文字列を作成できます。
次の例は、同等の文字列値を作成する拡張区切り文字で区切られた文字列リテラルと文字列を示しています:
1
let string = #"\(x) \ " \u{2603}"#
2
let escaped = "\\(x) \\ \" \\u{2603}"
3
print(string)
4
// \(x) \ " \u{2603}
5
print(string == escaped)
6
// true
Copied!
複数の番号記号を使用して拡張区切り文字で区切られた文字列を形成する場合は番号記号の間に空白を入れないでください。
1
print(###"Line 1\###nLine 2"###) // OK
2
print(# # #"Line 1\# # #nLine 2"# # #) // Error
Copied!
拡張区切り文字を使用して作成する複数行の文字列リテラルには、通常の複数行の文字列リテラルと同じインデントの要件が適用されます。
文字列リテラルのデフォルトで推論される型は String です。String 型の詳細については、Strings and Characters(文字列と文字)Stringを参照ください。
+ 演算子によって連結された文字列リテラルはコンパイル時に連結されます。例えば下記の例の textAtextB の値は同じで、実行時に連結は実行されません。
1
let textA = "Hello " + "world"
2
let textB = "Hello world"
Copied!
GRAMMAR OF A STRING LITERAL string-literal → static-string-literal | interpolated-string-literal string-literal-opening-delimiter → extended-string-literal-delimiteropt " string-literal-closing-delimiter → " extended-string-literal-delimiteropt static-string-literal → string-literal-opening-delimiter quoted-textopt string-literal-closing-delimiter static-string-literal → multiline-string-literal-opening-delimiter multiline-quoted-textopt multiline-string-literal-closing-delimiter multiline-string-literal-opening-delimiter → extended-string-literal-delimiter """ multiline-string-literal-closing-delimiter → """ extended-string-literal-delimiter extended-string-literal-delimiter → # extended-string-literal-delimiteropt quoted-text → quoted-text-item quoted-textopt quoted-text-item → escaped-character quoted-text-item → "\、 U+000A、または U+000D を除く任意のUnicodeスカラ値 multiline-quoted-text → multiline-quoted-text-item multiline-quoted-textopt multiline-quoted-text-item → escaped-character multiline-quoted-text-item → \ を除く任意のUnicodeスカラ値 multiline-quoted-text-item → escaped-newline interpolated-string-literal → string-literal-opening-delimiter interpolated-textopt string-literal-closing-delimiter interpolated-string-literal → multiline-string-literal-opening-delimiter multiline-interpolated-textopt multiline-string-literal-closing-delimiter interpolated-text → interpolated-text-item interpolated-textopt interpolated-text-item → \( expression ) | quoted-text-item multiline-interpolated-text → multiline-interpolated-text-item multiline-interpolated-textopt multiline-interpolated-text-item → \( expression ) | multiline-quoted-text-item escape-sequence → \ extended-string-literal-delimiter escaped-character → escape-sequence 0 | escape-sequence \ | escape-sequence t | escape-sequence n | escape-sequence r | escape-sequence " | escape-sequence ' escaped-character → escape-sequence u { unicode-scalar-digits } unicode-scalar-digits → 0 から 8 までの16進数 escaped-newline → escape-sequence inline-spacesopt line-break

正規表現リテラル(Regular Expression Literals)

正規表現リテラルは、次のような形でスラッシュ(/)によって囲まれた、連続した文字のことを言います:
正規表現リテラルの例
正規表現リテラルはエスケープされていないタブかスペースで始まってはいけません。また、正規表現リテラルは、エスケープされていないスラッシュ(/)、キャリッジリターン、もしくはラインフィードを含んではいけません。
正規表現リテラルの中では、バックスラッシュは、正規表現の一部として解釈され、文字列リテラル内のようにエスケープ文字としては解釈されません。バックスラッシュは、続く特殊文字が文字通りに解釈されるべき、もしくは続く非特殊文字が特別な解釈をされるべきことを示します。例えば、 /(/ は 1 つの左括弧に、そして /\d/ は一桁の数字と一致します。
拡張区切り文字によって区切られた正規表現リテラルは、スラッシュ(/)もしくは 1 つ以上の番号記号(#)の釣り合った集合によって囲まれた、連続した文字のことを言います。拡張区切り文字によって区切られた正規表現リテラルは次のように表現されます:
拡張区切り文字を利用する正規表現リテラルの例
拡張区切り文字を利用する正規表現リテラルは、エスケープされていないスペースかタブで始めることができ、エスケープされていないスラッシュ(/)を含むことができ、さらに複数行にまたがることができます。複数行の正規表現リテラルに対しては、開始区切り文字は、行の最後に置かなければならず、終了区切り文字はそれ単体のみの行に置かなければなりません。複数行の正規表現リテラル内では、拡張正規表現構文がデフォルトで有効です。特に、ホワイトスペースは無視され、コメントは記載できます。
もし複数の番号記号を使って、拡張区切り文字構文での正規表現リテラルを構成する場合、ホワイトスペースを番号記号の間に置いてはいけません:
1
let regex1 = ##/abc/## // OK
2
let regex2 = # #/abc/# # // Error
Copied!
もし空の正規表現リテラルを作る必要がある場合、 拡張区切り文字構文を使わなければいけません。
GRAMMAR OF A REGULAR EXPRESSION LITERAL regular-expression-literal → regular-expression-literal-opening-delimiter regular-expression regular-expression-literal-closing-delimiter regular-expression → Any regular expression regular-expression-literal-opening-delimiter → extended-regular-expression-literal-delimiter opt / regular-expression-literal-closing-delimiter → / extended-regular-expression-literal-delimiter opt extended-regular-expression-literal-delimiter → # extended-regular-expression-literal-delimiter opt

演算子(Operators)

Swift 標準ライブラリは数多くの_演算子_を定義します。その多くはBasic Operators(基本演算子)Advanced Operators(高度な演算子)で説明しています。このセクションではカスタム演算子を定義するために使用できる文字を説明します。
カスタム演算子は、ASCII 文字 /=-+*<>|^、または または下記の文法で定義されている Unicode 文字の 1 つ(これは、数学演算子、その他のシンボル、および装飾記号 Unicode ブロックからの文字を含む)で始めることができます。最初の文字の後に Unicode 文字を組み合わせることもできます。
ドット(.)で始まるカスタム演算子を定義することもできます。これらの演算子は追加のドットを含めることができます。例えば .+. は単一の演算子として扱われます。演算子がドットで始まらない場合は他の場所にドットを含めることはできません。例えば +.++ 演算子の後に .+ 演算子が続いているものとして扱われます。
疑問符()を含むカスタム演算子を定義することはできますが、単一の疑問符文字のみで構成することはできません。さらに、感嘆符()を含めることができますが、後置演算子は疑問符または感嘆符で始めることはできません。
NOTE トークン =- >/// ** /.、前置演算子 <、および 、中置演算子 、および 後置演算子 > は既に予約されています。これらのトークンはオーバーロードすることも、カスタム演算子として使用することもできません。
演算子の周囲のホワイトスペースは、演算子が前置演算子、後置演算子、または二項演算子として使用されるかどうかを判断するために使用されます。この動作は次の規則にまとめられています:
  • 演算子の前後どちらにも空白がある、またはどちらにも空白がない場合は二項演算子として扱われます。例として、a+++ba +++ b にある +++ 演算子は二項演算子として扱われます
  • 演算子の左側のみが空白の場合は前置単項演算子として扱われます。例として、a +++b にある +++ 演算子は、前置単項演算子として扱われます
  • 演算子の右側のみが空白の場合は後置単項演算子として扱われます。例として、a+++ b+++ 演算子は後置単項演算子として扱われます
  • 演算子に左側に空白ではなくドット(.)が続いている場合は、後置単項演算子として扱われます。例として、a+++.b にある +++ 演算子は後置単項演算子(a +++ .b ではなく a+++ .b)として扱われます
これらの規則によって、演算子の前の ([{)、演算子の後の )]}、および ,;: も空白と見なされます。
上記の規則で注意が必要な部分があります。 または のような定義済み演算子は、左側に空白がなければ後置演算子として扱われます。これは右側に空白があるかどうかを気にしません。 オプショナルチェーン演算子として使用する場合には、左側に空白を入れないでください。三項演算子(?:)として使用する場合には、両側に空白を入れなければなりません。
あるコンストラクトでは、先頭に < または > を持つ演算子が 2 つ以上のトークンに分割されることもあります。残りの部分も同じ方法で扱われ、再び分割される可能性があります。結果、Dictionary<String、Array<Int>> のようなコンストラクト内において > の間に曖昧さを避ける目的で空白を追加する必要はありません。この例にある > は誤って単一のトークンのビットシフト(>>)としては解釈されません。
新しいカスタム演算子を定義する方法については、Custom Operators(カスタム演算子)Operator Declarationを参照ください。既存の演算子をオーバーロードについては、Operator Methods(演算子メソッド)を参照ください
GRAMMAR OF OPERATORS operator → operator-head operator-charactersopt operator → dot-operator-head dot-operator-characters operator-head → / | = | - | + | ! | * | % | < | > | & | | | ^ | ~ | ? operator-head → U+00A1–U+00A7 operator-head → U+00A9 または U+00AB operator-head → U+00AC または U+00AE operator-head → U+00B0–U+00B1 operator-head → U+00B6, U+00BB, U+00BF, U+00D7, または U+00F7 operator-head → U+2016–U+2017 operator-head → U+2020–U+2027 operator-head → U+2030–U+203E operator-head → U+2041–U+2053 operator-head → U+2055–U+205E operator-head → U+2190–U+23FF operator-head → U+2500–U+2775 operator-head → U+2794–U+2BFF operator-head → U+2E00–U+2E7F operator-head → U+3001–U+3003 operator-head → U+3008–U+3020 operator-head → U+3030 operator-character → operator-head operator-character → U+0300–U+036F operator-character → U+1DC0–U+1DFF operator-character → U+20D0–U+20FF operator-character → U+FE00–U+FE0F operator-character → U+FE20–U+FE2F operator-character → U+E0100–U+E01EF operator-characters → operator-character operator-charactersopt dot-operator-head → . dot-operator-character → . | operator-character dot-operator-characters → dot-operator-character dot-operator-charactersopt binary-operator → operator prefix-operator → operator postfix-operator → operator