型キャスト(Type Casting)
最終更新日: 2021/6/29 原文: https://docs.swift.org/swift-book/LanguageGuide/TypeCasting.html
_型キャスト_は、インスタンスの型をチェックする、またはそのインスタンスを独自のクラス階層のスーパークラスまたはサブクラスとして扱う方法です。
Swift での型キャストは、is および as 演算子で実装されます。これらの 2 つの演算子は、値の型をチェックしたり、値を別の型にキャストしたりするためのシンプルで表現力豊かな方法を提供します。
Checking for Protocol Conformance(プロトコル準拠チェック)で説明されているように、型キャストを使用して、型がプロトコルに準拠しているかどうかを確認することもできます。

型キャストのためのクラス階層の定義(Defining a Class Hierarchy for Type Casting)

クラスとサブクラスの階層で型キャストを使用して、特定のクラスインスタンスの型を確認し、そのインスタンスを同じ階層内の別のクラスにキャストできます。下記の 3 つのコードスニペットは、今後の型キャストの例で使用するために、クラスの階層とそれらのクラスのインスタンスを含む配列を定義しています。
最初のスニペットは、MediaItem という新しい基本クラスを定義します。このクラスは、デジタルメディアライブラリに表示されるあらゆる種類のアイテムの基本的な機能を提供します。具体的には、String 型の name プロパティと init(name:) イニシャライザを宣言しています。(全ての映画と曲を含む全てのメディアアイテムに名前があると想定しています)
1
class MediaItem {
2
var name: String
3
init(name: String) {
4
self.name = name
5
}
6
}
Copied!
次のスニペットは、MediaItem の 2 つのサブクラスを定義します。最初のサブクラスの Movie は、映画または映画に関する追加情報をカプセル化します。これは、対応するイニシャライザを使用して、基本クラスの MediaItem の上に director プロパティを追加します。2 番目のサブクラスの Song は、基本クラスの上に artist プロパティとイニシャライザを追加します:
1
class Movie: MediaItem {
2
var director: String
3
init(name: String, director: String) {
4
self.director = director
5
super.init(name: name)
6
}
7
}
8
9
class Song: MediaItem {
10
var artist: String
11
init(name: String, artist: String) {
12
self.artist = artist
13
super.init(name: name)
14
}
15
}
Copied!
最後のスニペットは、2 つの Movie インスタンスと 3 つの Song インスタンスを含む library という定数配列を作成します。library の配列の型は、初期化時に使用する配列リテラルの内容から推論できます。Swift の型チェックは、MovieSongMediaItem という共通のスーパークラスを持っていることを推論できるため、library 配列が [MediaItem] 型だと推論できます。
1
let library = [
2
Movie(name: "Casablanca", director: "Michael Curtiz"),
3
Song(name: "Blue Suede Shoes", artist: "Elvis Presley"),
4
Movie(name: "Citizen Kane", director: "Orson Welles"),
5
Song(name: "The One And Only", artist: "Chesney Hawkes"),
6
Song(name: "Never Gonna Give You Up", artist: "Rick Astley")
7
]
8
// "library" の型は [MediaItem] と推論されます
Copied!
library に保存されているアイテムは、依然として裏側では Movie および Song インスタンスです。ただし、この配列の内容を反復処理すると、返されるアイテムは MovieSong ではなく MediaItem になります。それらを本来の型として使用するには、型を確認するか、下記で説明するように別の型に_ダウンキャスト_する必要があります。

型チェック(Checking Type)

インスタンスが特定のサブクラス型かどうかを確認するには、型チェック演算子(is)を使用します。型チェック演算子は、インスタンスがそのサブクラス型の場合は true を返し、そうでない場合は false を返します。
下記の例では、library 配列内の Movie および Song インスタンスの数をカウントする 2 つの変数 movieCountsongCount を定義しています:
1
var movieCount = 0
2
var songCount = 0
3
4
for item in library {
5
if item is Movie {
6
movieCount += 1
7
} else if item is Song {
8
songCount += 1
9
}
10
}
11
12
print("Media library contains \(movieCount) movies and \(songCount) songs")
13
// Media library contains 2 movies and 3 songs
Copied!
この例では、library 配列内の全てのアイテムを繰り返します。for-in ループの各ループでは、item 定数に配列内の次の MediaItem を設定します。
item is Movie は、現在の MediaItemMovie インスタンスの場合は true を返し、そうでない場合は false を返します。同様に、item is Song は、アイテムが Song インスタンスかどうかをチェックします。for-in ループの最後で、movieCountsongCount の値には、各型の MediaItem インスタンスがいくつ見つかったかをカウントしています。

ダウンキャスト(Downcasting)

特定のクラス型の定数または変数は、実際には裏側でサブクラスのインスタンスを参照している場合があります。そのような場合は、型キャスト演算子 (as? または as!) を使用してサブクラス型への_ダウンキャスト_を試みることができます。
ダウンキャストは失敗する可能性があるため、型キャスト演算子には 2 つの異なる形式があります。条件付き形式の as? は、ダウンキャストしようとしている型のオプショナルの値を返します。強制形式の as! は、ダウンキャストと強制アンラップを同時に試みます。
ダウンキャストが成功するかどうかわからない場合は、条件付き形式の型キャスト演算子 (as?) を使用してください。この形式の演算子は常にオプショナルの値を返し、ダウンキャストが不可能な場合、値は nil になります。これにより、ダウンキャストが成功したかどうかを確認できます。
強制形式の型キャスト演算子 (as!) は、ダウンキャストが常に成功することが確実な場合にのみ使用してください。不適切なクラス型にダウンキャストしようとすると、実行時エラーを引き起こしします。
下記の例では、library 内の各 MediaItem を繰り返し処理し、各アイテムの適切な説明を出力します。これを行うには、MediaItem としてだけでなく、実際の Movie または Song として各アイテムにアクセスする必要があります。これは、説明で使用する Movie または Songdirector または artist のプロパティにアクセスできるようにするために必要です。
この例では、配列内の各アイテムが Movie または Song のいずれかの可能性があります。各項目に使用する実際のクラスは事前にわからないため、条件付き形式の型キャスト演算子(as?)を使用して、ループの中で毎回ダウンキャストしてチェックすることが適切です:
1
for item in library {
2
if let movie = item as? Movie {
3
print("Movie: \(movie.name), dir. \(movie.director)")
4
} else if let song = item as? Song {
5
print("Song: \(song.name), by \(song.artist)")
6
}
7
}
8
9
// Movie: Casablanca, dir. Michael Curtiz
10
// Song: Blue Suede Shoes, by Elvis Presley
11
// Movie: Citizen Kane, dir. Orson Welles
12
// Song: The One And Only, by Chesney Hawkes
13
// Song: Never Gonna Give You Up, by Rick Astley
Copied!
この例では、まず現在のアイテムを Movie としてダウンキャストしようとしています。itemMediaItem インスタンスなので、それが実際は Movie インスタンスの可能性があります。同様に、それが Song インスタンスの可能性もあれば、単に基本クラスの MediaItem インスタンスの可能性もあります。このように不確かなため、as? 型キャスト演算子の形式でサブクラス型にダウンキャストしようとしたときに、オプショナルの値を返します。item as? Movie の結果は Movie? または"オプショナルの Movie"です。
ライブラリ配列内の Song インスタンスに適用すると、Movie へのダウンキャストが失敗します。これに対処するために、上記の例では、オプショナルバインディングを使用して、オプショナルの Movie に実際に値が含まれているかどうか(つまり、ダウンキャストが成功したかどうか)を確認します。このオプショナルバインディング、"if let movie = item as? Movie"は、次のように読むことができます:
「Movie として item アイテムにアクセスしてみてください。成功した場合は、返されたオプショナルの Moviemovie という新しい一時定数に設定します」
ダウンキャストが成功すると、Movie のプロパティを使用して、その Movie インスタンスの director の名前を含む説明が出力されます。同様に、Song インスタンスをチェックし、ライブラリで Song が見つかる度に artist 名を含む適切な説明を出力します。
NOTE キャストは実際にインスタンスを変更したり、その内部の値を変更したりしません。基になるインスタンスは同じままです。キャストした型のインスタンスとして扱われ、アクセスされるだけです。

Any および AnyObject の型キャスト(Type Casting for Any and AnyObject)

Swift は、型を特定できない型を操作するための 2 つの特別な型を提供しています。
  • Any は、関数型を含むあらゆる型のインスタンスを表すことができます
  • AnyObject は、任意のクラス型のインスタンスを表すことができます
Any および AnyObject は、それらが提供する動作と機能が明らかに必要な場合にのみ使用してください。常にコードで使用しようとしている型を特定することをお勧めします。
Any を使用して、関数型と非クラス型を含む様々な型の組み合わせを処理する例を次に示します。この例では、Any 型の値を格納できる things という配列を作成します:
1
var things = [Any]()
2
3
things.append(0)
4
things.append(0.0)
5
things.append(42)
6
things.append(3.14159)
7
things.append("hello")
8
things.append((3.0, 5.0))
9
things.append(Movie(name: "Ghostbusters", director: "Ivan Reitman"))
10
things.append({ (name: String) -> String in "Hello, \(name)" })
Copied!
things 配列には、2 つの Int、2 つの Double、1 つの String(Double、Double) 型のタプル、映画"Ghostbusters"、および String 値を受け取り、別の String 値を返すクロージャ式、が含まれます。
Any 型または AnyObject 型なことがわかっている定数または変数の特定の型を検出するには、switch 文のケースで is または as パターンを使用できます。下記の例では、things 配列内の項目を繰り返し処理し、switch 文を使用して各項目の型を照会します。switch 文のいくつかのケースは、一致した値を指定された型の定数にバインドして、その値を出力できるようにしています:
1
for thing in things {
2
switch thing {
3
case 0 as Int:
4
print("zero as an Int")
5
case 0 as Double:
6
print("zero as a Double")
7
case let someInt as Int:
8
print("an integer value of \(someInt)")
9
case let someDouble as Double where someDouble > 0:
10
print("a positive double value of \(someDouble)")
11
case is Double:
12
print("some other double value that I don't want to print")
13
case let someString as String:
14
print("a string value of \"\(someString)\"")
15
case let (x, y) as (Double, Double):
16
print("an (x, y) point at \(x), \(y)")
17
case let movie as Movie:
18
print("a movie called \(movie.name), dir. \(movie.director)")
19
case let stringConverter as (String) -> String:
20
print(stringConverter("Michael"))
21
default:
22
print("something else")
23
}
24
}
25
26
// zero as an Int
27
// zero as a Double
28
// an integer value of 42
29
// a positive double value of 3.14159
30
// a string value of "hello"
31
// an (x, y) point at 3.0, 5.0
32
// a movie called Ghostbusters, dir. Ivan Reitman
33
// Hello, Michael
Copied!
NOTE Any 型は、オプショナルの型を含む任意の型の値を表します。Any 型の値が期待されているところにオプショナル値を使用すると、Swift は警告を出します。本当にオプショナルの値を Any 値として使用する必要がある場合は、下記に示すように、as 演算子を使用して、オプショナルを Any に明示的にキャストします。
1
let optionalNumber: Int? = 3
2
things.append(optionalNumber) // Warning
3
things.append(optionalNumber as Any) // No warning
Copied!